加盟館園からお知らせ

企画展「多治見の鉄道史」

メイン画像

令和4年は、日本に初めて鉄道が誕生して150年の記念の年です。鉄道が敷設されたことにより、人や物の交通は以前よりも盛んになりました。
多治見における鉄道の始まりは、明治33年(1900)の名古屋―多治見間の中央線の開通です。その後、明治35年(1902)に多治見-中津川間が開通、明治44年(1911)には中央線が全通し、ますます荷物や人々の動きが盛んになりました。
中央線全通後も、窯業に必要な原料や製品を広範囲に輸送する必要性から、多治見と他地域を結ぶ鉄道を望む声が絶えませんでした。その結果、昭和3年(1928)には多治見―美濃太田間を結ぶ太多線が全通し、多治見駅周辺と笠原町を結ぶ笠原鉄道(昭和19年より東濃鉄道笠原線)も開通するなど、明治から昭和にかけて地域の要望に応える形で多治見周辺に鉄道の敷設が行われてきました。
この他にも、多治見と岡崎を鉄道で結ぶ構想(岡多線)があり、その前段階として鉄道省営バス(のち国鉄バス)が昭和5年(1930)から運行していました。岐阜県の窯業地帯と愛知県の新興工業地帯を結び、両地域を産業発展させることを目的とした岡多線開通構想は、戦争の影響等により実現はしませんでしたが、長期間にわたり鉄道開設運動が展開しており、鉄道敷設を望む地域の声が大きかったことを物語ります。
鉄道は導入以来、今日に至るまで日本中に敷設され、人や物を運ぶ乗り物として欠かすことのできない存在となっています。特に窯業が盛んな多治見において、鉄道はやきものや原料の主要な輸送手段として、多治見の発展を支えてきました。こうした鉄道敷設には人々の願いが込められており、地域の歴史を知るうえで重要な手掛かりとなります。本企画展では、多治見における鉄道の歴史を文化財保護センターの収蔵品などから紹介します。

※入場料無料

場所
多治見市文化財保護センター展示室  (多治見市旭ヶ丘10丁目6-26)
期間
令和4年7月4日(月)~12月23日(金)
平日午前9時~午後5時(最終入館は午後4時半)
※8月13日(土)と10月9日(日)は開館します。